FAQ

NCフライスとは
NCとは数値制御(Numerical Control)のことで、工作機械などの動作をプログラム化された数値指令によってデジタル制御する方式のこと。NCフライスとは「平面削り」「溝削り」などの機械加工・金属加工を施す工作機械で、主軸とテーブルとの相対運動が、移動速度や位置などの数値情報で制御されることによりフライス加工の一連の動作がプログラミング指令によって実行される。
マシニング加工とは
マシニングセンタとはフライス盤にNCやATC(自動工具変換装置)などが付加された工作機械のことで、プログラムに基づく自動制御によって「ドリル穴あけ」「リーマー加工」「エンドミル加工」などを一回の取付けで行うことが可能である。
研削加工とは
研削加工とは、硬さの違う金属を色々な研削砥石の特性を活かし、様々な形状に削り込む作業のこと。砥石の特徴として砥粒よりも硬度のある素材の加工が可能であり、良好な加工精度・仕上げ面粗さが得られる。
放電加工(EDM)とは
放電加工とは、被加工物(金属)と加工工具(電極)とを絶縁性の加工液を介して電気エネルギーを加え、そのときに発生するアーク放電(雷のようなもの)によって微細な組織分離を繰り返し行う加工のこと。
ワイヤ放電加工(Wire EDM)とは
ワイヤ放電加工とは、放電加工のひとつで放電加工機の電極ワイヤを使用したもの。テンションをかけた直径0.2mmφ程度の細いワイヤをNC装置により走行させながら、加工物と電極間に放電現象を発生させ、この放電エネルギーにより糸鋸盤のように切断加工を行う方法。
形彫り放電加工(Die-sinker EDM)とは
形彫り放電加工とは、放電加工のひとつで被加工物に対する形状電極を作成し、それに応じたミクロンレベルの精密三次元加工を行うもの。加工工具(電極)の形がそのまま転写されるため複雑な形状の加工が可能。
CADとは
CAD(Computer Aided Design)とは、コンピュータを利用して機械や建築物、電子回路などの設計をするシステムの総称。従来の手書き設計に比べ、図面への付け足しや書き換え変更が容易にでき、設計にかかる時間も大幅に短縮できる。二次元の平面で設計する「2次元CAD」、三次元の物体として設計する「3次元CAD」といった形式上の違いのほか、目的別にそれぞれの用途に特化したCADがある。
CAMとは
CAMとは、コンピュータ支援製造(Computer Aided(Assisted) Manufacturing)のこと。製品を加工する作業をコンピュータによって支援するシステムで、CADデータを直接マシニングセンタには取り込めないのでCADデータをマシニング用プログラムに自動で変換する。
駒井工作所のものづくり
  • ギャラリー
  • マイスター制度
  • 技術向上の取組み
  • FAQ

ギャラリー

マイスター制度

技術向上の取り組み

077-568-1258(代表) お気軽にお問合せください ◆午前8:30時〜午後5:30

インターネットでのお問合せはこちら

採用情報 RECRUIT INFORMATION